用途別一覧
処理名称・種類 標準
膜厚
(μm)
素材 特性・特徴 備考
金属全般 セラミックス アルミニウム ステンレス 鉄ニッケル合金 チタン モリブデン その他 耐薬品性 防錆 耐摩耗性 硬度 寸法精度

熱伝導性 半田付性 ボンディング性
電気めっき 亜鉛 光沢クロメート
(ユニクロ)
5〜13                                  

色調:青銀白色。
クロメートにより耐食性UP。
処理量80kgまで。

有色クロメート                                   色調:黄金色、虹色。
光沢クロメートにより耐食性UP。
処理量80kgまで。
黒色クロメート                                   色調:青銀白色。
クロメートにより耐食性UP。
処理量80kgまで。

金フラッシュ

0.1〜1                       下地にニッケルメッキが必要。
小物応相談、要打ち合わせ。
はんだ はんだめっき 10                           色調:白色。
リードフレーム外装メッキに使用。
リードフレーム専用ライン。
Pbフリー処理可能。
ニッケル ニッケル 0.1〜20                   下地めっき用。
要打ち合わせ。
3〜10                                   機能付加のための下地めっき
すず すず 5〜                          

銀白色。
要打ち合わせ。

ニッケル 黒ニッケル 2〜5                     下地にニッケルメッキが必要。
黒色。
要打ち合わせ。
化学めっき ニッケル 無電解ニッケル-リン
(Ni-P)
3〜25             耐熱性、耐変色性。
リン約10%含有の非晶質皮膜。
熱処理により硬度UP。
無電解ニッケル-ホウ酸
(Ni-B)
1〜10                     Ni-Pにより、高硬度、高耐食。
ホウ素約2%含有。
無電解ニッケル-リン
(Ni-P)<パード処理>
3〜25                              

耐熱性、耐変色性。
セラミックスに対し通常のNi-Pより密着性良し。

無電解金(薄付)

〜0.1

                          下地にニッケルめっき必要。
小物応相談。
要打ち合わせ。
フッ素樹脂コーティング 25〜500                               厚付け処理可。
熱処理(400度)で変形しないもの。
膜厚等、要打ち合わせ。
アルミナショットブラスト                                       要打ち合わせ。
陽極酸化 白アルマイト 6〜20                                   絶縁性。
寸法変化は膜厚の約1/2増加。
黒アルマイト 15〜20                                   黒色外観。
絶縁性。
皮膜に染料を入れ、黒色に染色する。
赤、青は要相談。
艶消し白アルマイト 5〜10                                   艶消し外観。
絶縁性。
艶消し処理により、少しのキズはわからなくなる。
寸法公差は守れない。
艶消し黒アルマイト 15〜20                                   艶消し黒色外観。
絶縁性。
艶消し処理により、少しのキズはわからなくなる。
寸法公差は守れない。
硬質アルマイト-1 30〜70                                 通常のアルマイトより硬度高。
絶縁性。
色はグレー。
温度差によりクラック(ヒビ)が入ることがある。
硬質アルマイト-2 30〜70                                 通常のアルマイトより硬度高。
絶縁性。
色は茶〜黒。
半硬質 10〜15                                 客先限定特殊処理。
硬質アルマイトフッ素処理 25〜70                                 通常のアルマイトより硬度高。
絶縁性。
潤滑性。
電解研磨 SUS電解研磨(硫酸浴) -4〜                               レベリング効果。
化学研磨より耐食性良し。
材質により要打ち合わせ。
SUS電解研磨(オジープ処理)
<OGEP-V3>
-4〜                               レベリング効果。
真空吸引時、腐食性ガス(S)なし。
材質により要打ち合わせ。
AI電解研磨(オジープ処理)
<OGEP-V3>
-2〜                              
Mo電解研磨(オジープ処理)
<OGEP-V3>
-2〜                              
Ti電解研磨(オジープ処理)
<OGEP-V3>
-2〜                              
化学研磨 Ti化学研磨(オジープ処理)
<OGEP-V3>
-2〜                               レベリング効果。
酸洗い                                       白色。
艶消し仕上げ。
溶接跡の除去。
化成処理 鉄黒染め 黒色酸化膜処理
(四三酸化鉄処理)
1.5〜2.5                                   耐食性向上のため、油仕上げ処理可。


Copyright (C) OGIC All Rights Reserved.